検索
  • Soichiro Hashimoto

#altac アカデミア以外の選択肢をいろいろ喋ろう

細胞生物若手の会協賛 カジュアルセミナー情報


「博士進学?迷ってるんだったらいけばいいじゃん、やりたいと思わなかったら迷わないでしょ?」 これはtayoが目指す多様なキャリアの1つです。 しかし「行きたいんだったら行きなよ!」というポジティブなメッセージはそりゃ大事なんだけど、「そうはいっても生活が・・・」というのも正直あるのでは。


そんな博士号取得後の研究者のキャリアに関して、新たなムーヴメント「#Altac」が起きています。 Altac (Alternate Academic careers)とは... 「博士所得者のTenure教員(終身在職権を持つ大学等の教職員)以外のキャリア」です。 Twitterで「#Altac」で調べてみると、「博士号取得⇒アカデミック外(民間・政府)」で研究や仕事をしている人がたくさんいます。 そのような人たちから「自分のキャリアや仕事情報の共有・仕事選びや面接のコツ」など、様々な情報が共有されているのが「#Altac」ムーブメントです。


・シンクタンクで定量的研究者として、「教授と同水準の給料・完全リモートワーク」で働く人。

・統計機関にて、統計学研究者として、社会学、人類学、政治学、公衆衛生学、データ科学、疫学、数学統計学の専門家と共に働く人


そのほかにも多様なキャリアを歩む博士は多くいます。 この「#Altacムーヴメント」を日本でも起こせないか?起こせたらもっと気軽に博士号取得者が日本でも増えていくのでは? そういった想いから本セミナーを開催いたします。


[こんな人におすすめ]

・博士課程に進学するか迷っている学生。

・博士取得後のキャリアの情報がほしい方。


[登壇者募集も募集しています]


・博士号を取得したが、アカデミック以外でキャリアを歩んでいる、興味がある方。 ・「#Altacムーヴメント」を日本でも起こしたい方。


・博士を気軽に取得する世界観に興味がある方。


などなど、興味のある方は下記のGoogle formまたは、tayo公式Twitter (@tayo_jp) からご連絡ください! https://forms.gle/27ghC8A3QJWRZ52t5

開催場所

Zoom によるオンライン開催

参加資格/参加費など

誰でも無料で参加できます!

閲覧数:3回0件のコメント